さかなのためいき、ねこのあしおと

スウェーデン滞在記。現地時間の水曜日(日本時間の水曜日午後~木曜日午前中)に更新します。

市民マラソン大会(献血マラソン@ウップサラ)

さて、今週は、リンネの小道の続きを掲載する予定でしたが、急遽予定を変更して、小道を歩くはずだった日に市民マラソン大会に参加しました!

Blodomloppet 2024 - Årets viktigaste lopp

参加したこちらは「献血ラソン」。Blodは血、omは「~の周りに」、loppetは「競技」で、献血を啓蒙するため各都市を巡回している大会です。ウップサラでは5月28日に開催されました。ちなみに、Blodomlppetで「血液の循環」という意味になるそうです。シンボルマークの走る血液ちゃんがかわいい。

レースで履いたシューズ、記念Tシャツ、完走者全員がもらえる走る血液ちゃんメダル。

実はわたしは、長い間ジョギングをしており、全盛期は1日10キロ、週6日走り、フルマラソンも3度完走しました。ただ、近年、色々な事情ですっかり走れなくなり、どうにか復活したいなと思って、今年度の目標の一つを「市民マラソン大会に参加し、短い距離で良いので完走する」にしました。8月にもエントリーしているのですが、前日に知ったこの大会は、スタートの1時間前までエントリーできます。フルマラソンハーフマラソンはない緩い大会。10キロ、5キロ、ジュニア向け2.5キロ、障碍者と同伴者向け1.5~3キロ、好きな時間と場所と方法で参加できる5キロ・10キロというカテゴリーで、かつ、5キロも、「速く走るランナー(30分以内)」「ゆっくり走るがタイムは測定するジョガー」「タイムを計らず歩くウォーカー」に別れていました。

これならいけるかなと思い、5キロ(ジョガー)にエントリー。自分の目標として「歩くより遅くてもいいので、最初から最後まで走る」を設定しました。

会場へはバスで向かいます。バスの中も、スポーツウェアや、大会のTシャツを着た人がたくさんおり、また、バスの窓から自転車や徒歩で会場へ向かう人も見えました。

車窓の風景。わたしの部は18時45分スタートですが、暑そうです!

開場となるIFU arenaが見えてきました。ここでバスを降ります。

事前受付もあるのですが、わたしは前日にエントリーした関係で、会場で記念Tシャツとゼッケンを受け取ります。着替えをし、ウォーミングアップをしたら、カテゴリーごとにスタンバイ。

このようにカテゴリーごとに集まります。こちらは30分以内で走る人向け。

わたしはこちらの「タイム測定あり、30分以上」に並びます。

カテゴリーごとの集団で、スタート地点への移動を待ちます。

移動が始まりました!別のカテゴリーの人たちが向こうでスタンバイしています。スタート時間は、カテゴリーごとに異なります。

スタート地点

走る途中の写真はないのですが(わたしは撮りませんでしたが、撮影はOK)、沿道の人たちが応援してくれて、途中では音楽の演奏もありました。北欧の楽器ニッケルハルパで応援してくれた人もいました。

走る人たちは、おしゃべりしながら楽しく走る人、ベビーカーを押して走る人など楽しむタイプの人もいれば、スタートからすぐに苦しそうになり、歩き始める人もいて、自由な感じでした。抜かしたり抜かされたりしながら走るのが楽しかったのですが、思わずペースが上がってしまい、意外と苦しかったです。しかし、速く走るとゴールにも早く辿り着きます。

ゴール地点

完走メダルのほか、食べ物・飲み物ももらえます。やや熱中症気味になってしまい、この飲み物はすばらしかったです。

この大会は5人グループでまとめて申し込むと景品がもらえることもあってか、グループでの参加者が多かったです。終わった後は会場でピクニックが始まります。

わたしは食べ物や飲み物を用意してこなかったので、帰ることにしました。

20時頃。太陽の角度が独特で、影が長く伸びています。連続写真でお楽しみください。

カワイイ

ここに自転車の設備ができるそうです。日本の会社SHIMANOの名前も。

バス停のゴミ箱。

反対方向のバス停

この路線の途中はすごいです。濃い文字色の3番目以降は、全て思想家・文学者の名前。上から、女性解放運動のフレドリカ・ブレーメル、作家ラーゲルレーヴ、アルムクヴィスト、レーヴァ―ティンと続きます。スウェーデンでは通りにそれぞれ名前がついており、このあたりは偉人シリーズなのですね。

よく働いたので、ずっと気になっていたお店でケバブを買って帰りました。その後、Tシャツを記念撮影しました。


Tシャツの前面


背面


完走メダル。

その日の夜のうちに、運営からメールで結果のお知らせがありました。タイム、順位ともに、当初想定していたよりもすごく良くてご満悦。

今回は、完走できたこと、自分にとって良いタイムが出せたこと、走る自分が好きだなと分かったこと、そして何より、「こんなに走れるんだ」と分かったことが大収穫でした。今後のランに向け、気合が高まりました。

リンネの小道2

さて、前回に続き「リンネの小道」なのですが、実は、ほとんど同じ場所です。今回は馬の写真がたくさんあります!

もともと、前回の続きを歩くつもりだったのですが、出がけに確認すると地図がない!探しても見つかりません。なくてもリンネの小道自体は表示があるので歩けるのですが、地図にはバス停の場所が書いてあり、帰るとき(時に、怪我などで思ってない場所で帰るとき)に必要です。そこで、前と同じところで地図を取ろうとしたのです。

ところが!「王さまの草原ユリ」シーズンだったためか、地図がなくなっていました。もう一度行ったおかげで、柵がない状態で見れたので良かったのですが、お花を楽しんだので時間はかかってしまい、前回の終着地についた時点で、あと1時間くらいしか歩けなさそうでした(小道自体の時間制限はないのですが、水の残りと自分の体力的に)。で、1時間ほど進もうと思ったのですが、道が分からず(ここはちょっと表示が分かりにくかった)、うろうろしているうちに時間切れ。続きの道を見つけるところまでやって、前回と同じ場所から引き返しました。

ただ、続きの道のところに、牧場があり、馬の写真が撮れました。今回は、そちらを中心にご紹介します。

変なベンチ。前回は人が座ってて写真が撮れませんでした。


三カ所目にしてようやく冊子発見。

前回のゴールです。

ウサギ!これを望遠カメラで撮ったのが、二つ前の投稿のウサギがタンポポと一緒に写っている写真です。

馬を運ぶ車

HÄSTER(馬)と書いてあります。

農場です。

左奥にウップサラ大聖堂が見えています。

農場を後にし、バス停に向かいます。

自転車マークが消えている!

バス停に行くためには、道路の下をくぐるのですが、そのトンネルがホタテ貝のようでおしゃれです。

豪快な飛行機雲が出ていました。

リンネの小道1

ウップサラ観光局の五月上旬のお勧めは「リンネの小道」です。

その時期のお勧め理由である「王様の草原ユリ」の記事はこちら。

王さまの草原ユリ - さかなのためいき、ねこのあしおと (hatenablog.com)

 

上記の記事でも書いた通り、何日かに分けて歩いてみました。実は、1回目と2回目が諸般の事情で同じところを2度歩いたのと、3回目に歩こうと思っていた日に歩けなかったので、まだ完結していません。

この記事では、1回目の小道ツアーをご紹介したいと思います。

授業がない日が続き、最初は旅行に行こうと思っていた5月上旬。色々な事情で旅行に行けなくなりましたが、ずっと研究室と家だけ往復するのもなーと思い、週末はウップサラを堪能することに。観光アプリをみて、美術館に行こうかなと思っていたのですが、「リンネの小道」が出現しており、これだ!となりました。

まだスマホが日本の番号を使っており、Wi-Fiがないところでは使えないので、地図をどうしようかなと思ってピン!ときました。まだこの家に移る前に、ホテルから以前のジョギングコースに行った時の冊子を思い出したのです。2008年にジョギングコースとして走っていた時には気づかなかったのですが、地図が置いてありまして、それを持って帰っていたんですね。

早速取り出して開いてみると・・・

やはり!あのジョギングコースは、「リンネの小道」の最初のあたりだったのです。

コンパクトにたためる地図です。

一日フルに出かけるのは無理だったので、午後の時間帯を使い、小道の入り口まではバスを使うことにしていってきました。

4月の最初に工事中で、迂回の理由となった橋が完成しつつありました。このあたりで地図をもってうろうろしていたら、親切なスウェーデン人が、道を教えてくれました。まだこのあたりは、地図に載っていない場所です。

フィリス川を下って行きます。

これ、ずっと何かわからなかった、というか、意識していなかったのですが、「王さまの草原ユリ」ですね。「リンネの小道」を含むもっと長い道「フィリス川遊歩道」を示します。

「リンネの小道」は、このような標識沿いに進みます。

ジョギングコースのスタート地点です。

ここから左側に行くと「王さまの草原ユリ」の群生地、「リンネの小道」の先に行くのはまっすぐです。まずは群生地に行こうとしたところ、警報音がなって遮断機が下りました。なんだろ!?

橋が・・・

開いていきます!

ガション!

遊覧船が通過していきます。船が通る時は橋が開いて、その間、橋が通行止めになるのですね。

船も行ってしまったので「王さまの草原ユリ」群生地に向かいます。今日は「王さまの草原ユリ」の写真は省略。

小屋の方向を目ざします。

つくしも生えるんだ・・・!

こちらの小屋に行きます。走る時はいつも素通りでしたが、道もあるので小屋まで行ってみることに。

このように鍵がかかっているのですが、開けて入っても良い(出た後は鍵を閉めること)ということで、入ってみました。

木漏れ日(?)がめっちゃええ感じ。

中には説明パネルがいっぱい。

急な階段を上ると2階もあります。2階も窓が開けられるようになっています。

いい景色!

小屋を後にしました。

上から、「王さまの草原」、「リンネの小道」、「街」の標識。初めて「リンネの小道」の方へ行きます。

この先は、鳥が営巣するため、今の時期は入れないそうです。

この遊歩道から、営巣地を見ることができます。

こちらが営巣地。

鳥の観察所兼休憩所。秘密基地っぽいです。

しばらく見えなかった川が見えてきました。また川を下って行きます。

長距離電車が走っていきます。

一度目のウォークはここまで。バスで市内に帰ります。

生き物(望遠カメラ)4月末~5月前半

望遠レンズで撮った動物の写真です。鳥が虫をくわえた写真が含まれています。

(細かい場所の特定を避けるため、)複数日に複数個所で撮った写真を順不同で掲載します。

満開のりんごの花

子どもの頃に、長らく一番好きだった話が、リンドグレーン「五月の夜」(『親指こぞうニルス・カールソン』大塚雄三訳、岩波書店所収)でした。エッペルヴィーケン(りんごの湾)という土地のりんご園で、花が満開の5月に展開される妖精の話。

これを読んで以来、「満開のりんごの花」は、人生で一度は見たいものとなりました。2008年の滞在でも見られましたが、そうすると、人生でももう一度見たいものになりました。今回は庭にりんごの木がある家を借りることができ、堪能しました。

それでは、さまざまな表情の「満開のりんごの花」をお楽しみください!

王さまの草原ユリ

ヴァルボルイのために、ウップサラの観光アプリをスマホに入れました。ヴァルボルイが終わると、「リンネの小道」というのが季節のおすすめで出てきました。ウップサラ出身の博物学者カール・フォン・リンネのゆかりの地で、リンネについては論文を書いたことがあります。そこに行ってみたところ、ちょうど「王さまの草原ユリ」が見ごろでした。

ウップサラは、ウップランド地方に属するのですが、そのウップランド地方の花であるということ。「リンネの小道」は10キロほどで、歩くだけなら一日でできる距離ですが、せっかくなので、ゆっくり写真を撮ったり、脱線したりして三回くらいで歩いてみることにしました。その初日と二日目に、群生地に行ったので、この記事では、「王さまの草原ユリ」(Kungsängslilja、和名コバンユリ)の写真ばかりひたすら貼りたいと思います。

まずは一日目の写真。


この看板には「王さまの草原」(Kungsäng/クングスエング)の説明が書いてあります。ウップサラの南東の湿原帯にある牧草地(「アイスランド」から「デンマーク教会まで」とあるので、てっきり、アイスランド(現共和国)を含むデンマークの境界の管轄地域なのかと思ったのですが、帰宅してじっくり読むと、どちらもウップサラの地名・建物でした)が昔そのように呼ばれていたそうです。1742年に、リンネの友人のステン・カール・ビエルケがここでこの花を発見し、Fritillaria meleagrisと名付けたそうです。このラテン語の意味は「ホロホロチョウ」だそうです。


こちらの看板は「王さまの草原ユリ」群生地入り口の看板で、花の説明や、ここにいる動物の説明が詳しく書いてあります。

さて、お待たせしました!お花の写真をお楽しみください。


今回カメラを新調したので、こうした下からのアングルの写真も撮れるようになりました。しかし慣れずに何度も撮り直したので、汗だくになりました。

続いて二日目。この日は普段はある柵が払われ、草原の中を歩けるようになっていました。至福の時間。


草花を傷めずに近くで観察するための橋も出来ていました。

二日間、とてもいいものを堪能できました!

ヴァルボルイ7:5月の焚火(マイブラーサ)

スウェーデンのお祭り「ヴァルボルイ」を紹介する記事の7つ目です。全体の概要はこちら。

ヴァルボルイ1:概要と更新予定/仮装いかだ川下り① - さかなのためいき、ねこのあしおと (hatenablog.com)

この記事では、わたしにとって一番のメイン!ガムラ・ウップサラの「5月の焚火」をご紹介します。

ヴァルボルイの最後は巨大な焚火です。呼び方はたくさんあるようですが、ウップサラのはMajbrasa(5月の焚火)と呼ばれています。

Majbrasa – Valborg 2024

こちらのサイトによると、もとはドイツの「ヴァルプルギスの夜」から来た習慣だが、より「実用的」で、この日から放牧の始まる家畜を魔物から守る、この時期に野原や牧草地の草を片付けるなどの用途があったそうです。

ちなみに、後者の書き方は面白くて「古いものを完全に、ただ片付ける。新しいものを 迎えるために(man rensade helt enkelt bort det gamla för att välkomna det nya.)」とあります。今度わたしが出す本にも似たような表現が出てくるのですが、こういう書き方、好きなのかな?

それはともかく、なぜこれが「わたしにとって一番のメイン!」かというと、2008年に勘違いで見られなかったからです。

ウップサラ春祭り~夜の部2 松明行列 - さかなのためいき、ねこのあしおと (hatenablog.com)

焚火を見た場所「ガムラ・ウップサラ」(2008年の記事中では「古ウップサラ」)の説明は上記をご覧ください。オーディン云々は、現在の目から見るとなんか嘘くさいですが、若気の至りということで、編集せずそのまま残しておきます。

というわけで、2024年のヴァルボルイはこの焚火を楽しみにしていたのですが、実は、お昼に屋台で食べた何かがあたったのか、いかだレースの際に待ち時間も含め3時間くらい冷たい地面に座っていたから冷えたのか、午後から調子が悪かったのですね。それで、帽子振りの後、一度家に帰って、1時間ほど寝ました。起きて出かけたのですが、自宅からガムラ・ウップサラに行くためには、バスを一度乗り換えるのですが、乗り換えの停留所で待っても待ってもバスは来ず。20分ほど遅れてきたバスは、人がいっぱいに詰まっており、何と止まらずに行ってしまいました!「乗れません」とかのアナウンスもありませんでした。ひでぇ。

前々日にガムラ・ウップサラに行った時はポスターが貼ってあり「7000人から1万人来るので、自家用車で来ないでください。公共交通機関や自転車を使ってください」と書いてあったんですよ。

これは、ここで待ってても乗れるバスは来ないので、歩いて中央駅に向かい(よく考えたら、バスは時間チケットなので、そのバス停から中央駅に行くバスに乗ればよかった)、タクシーに乗りました。メーターがガンガンあがることあがること。これなら最初からタクシーに乗っていれば、バス代はいらなかったし、距離も中央駅からガムラ・ウップサラより、自宅からの方が近かったです。

点火の1時間半前くらいにガムラ・ウップサラに着き、性懲りもなくコーヒーとソーセージ・パンを買い、よさげな場所で点火を待ちます。

この丘は墳墓の遺跡です。普段は立ち入り禁止ですが、特別な日は解放されます。

焼いてるところを撮りたかったですが、失敗。ここで焼いたソーセージとパンを食べました。

ちょうど日没時間で、カッコいい写真が撮れました!

「ようこそ。ガムラ・ウップサラのヴァルボルイ行事」

藁が積まれています。ここで焚火をするようです。

薄暗くなり、丘の上にも人が集まってきました。


午前中の反省を活かし、スーパーの買い物袋とバスタオルを持ってきました。即席座布団です。座って目線が低いからか、歩けるようになったばかりの女の子が何度もやってきて、草を「はい」してくれました。

 

さて、いよいよ点火です!

アナウンスに聞き入る皆さん。この丘の間の道から、点火の松明を持ったガール・スカウトの人たちが歩いてきます。

一気に燃え上がるわけではないのですね。

さて、今日の写真は90枚あります。火は何と言っても刻々と動く表情が面白いため、同じアングルから撮った写真が複数枚あるからです。コロナの時に、「暖炉だけが延々写るノルウェーのテレビ番組」が話題になりました。以下、それだと思ってお楽しみください。

焚火の最前列で撮っていたのですが、一番勢いが強いところだと、めちゃくちゃ暑いです。夜は寒いので、ダウンジャケットにウィンドブレーカーという冬のフル装備で出かけ、他の場所ではちょうどよかったのですが、ここでは汗が噴き出てきます。

と、そのとき!

花火が始まりました!

焚火と花火を一緒に写真に収めるため、急いで焚火から離れます。

この後、近くからの焚火はたくさん撮影したので、次は少し離れたところから、焚火と人々(のシルエット)を撮ることにしました。

丘の上では音楽を流しつつ盛り上がっています。

音楽に誘われ、丘の上から見ることにしました。

丘の麓から撮影

丘の中腹から望遠レンズで撮影

暗くて道の写真はありませんが、結構な急斜面です。

頂上に着きました!

焚火とは逆の側もとてもきれい。この時点で21時半ごろです。

寒くなって来たので、また焚火の近くに戻ります。

点火(21時)前後のアナウンスで知ったのですが、22時からガムラ・ウップサラ教会でコンサートがあるとのこと。こんなたくさんいて、入れるのかな?と心配でしたが、入れなければそれはそれでいいやと思い、(普通の道からも行けますが)丘経由で行ってみました。

教会に到着です!意外と空いてる!?


教会の写真は暗くてブレてしまい、木の背後のしか掲載できませんでした。

そこまでいっぱいではなく、最初は立って見てたのですが、牧師さんが補助席を出してくれて座れました。前半は初めて聞く作曲家、後半はベートーベンの「月光」(大好き!)でした。

変わった形の募金箱。Swishというオンラインマネーで支払うためのQRコードが提示してあります。

コンサートは40分ほど、終了後、まだやってるかな?と焚火に戻ると、めっちゃやってました!むしろ盛り上がっており、みんなで手をつないで焚火の周りをまわっていました。


一瞬混ざろうかと思ったのですが、みんなでかくて若いです。年齢と、体格と、朝8時からずっと外にいて消耗しまくった体力と、荷物と、今日の体調を考えると危なそうだったのと(わたしが転んだりすると焚火に向かって雪崩が起きかねない)、雄たけびのあげ方とかよく分からないので、写真係に徹しました。

来た時の感じからするとバスに乗れない可能性もあり、歩いて帰ってもいいかな(1時間半くらい)と最初は思っていましたが、無理そうだったので、終バスの一つ前に乗ることにしました。名残惜しいですが、会場を後にします。

開場出口に向かう前に、焚火が見える場所から最後に撮った写真。

乗りたいバスより15分前くらいにバス停に行くと、「臨時バス(Extrabuss)」と書いたバスが颯爽とやってくるところでした。こんなにバスがかっこよく見えたことはありません。普段は前から乗って料金を払い、それ以外のドアは出口ですが、この日はどこから乗っても良いということで、バスに詰め込まれる人々の最後に加わりました。

臨時バスのためか、「次はどこ」などの表示が出ないため、地図アプリで自分の場所を確認しながら乗っていたのですが、そのバスは番線の番号はついていましたが、終点まではいかず、街中で(わたしの認識では)急遽、「終点です!」となり、そこからだと家の近くに行くバスはないので、20分待って別のバスに乗り、そこから15分ほど歩いて家に帰りました。

体力消耗したけどめちゃくちゃ楽しかった一日。仮装いかだも帽子振りも、それを楽しむ町の人々も良い雰囲気でしたが、やはり一番良かったのは焚火です。2008年に見損ねたというのもありますが、焚火がずっと燃えているだけなのに、こんなに楽しいとは思いませんでした。

これで、ヴァルボルイの記事は終わりです。

5月に入ってからもきれいな写真がたくさん撮れました。今週はどこかで臨時で一本アップし、来週に5月前半について、その次は時系列に追いつきたいと思います。